北団体、APPF決議を非難

©デイリーNKジャパン

北朝鮮の朝鮮―アジア協会なる団体のスポークスマンは25日、朝鮮中央通信の質問に答える形で、ベトナムで開かれた第26回アジア・太平洋議員フォーラム(APPF)で北朝鮮の核に関する決議が採択された事に対して、看過できないと非難した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

APPFはベトナムの首都・ハノイで、18日から20日にかけて開催された。スポークスマンはフォーラムで採択された決議が「核強国であるわれわれの『核放棄』を云々した」とし、「米国によって生じた朝鮮半島の核問題の根源に故意に顔を背け、尊厳あるわが共和国と国際社会を対峙させようと狂奔する米国の対朝鮮敵視政策をそのまま踏襲したものである」と指摘した。

また、「米国の対朝鮮敵視政策に便乗してつくり上げられたこのように不純な『決議』は、初歩的な政治的感覚と情勢分析能力もないつまらないほらにすぎない」と述べた。

さらに、「わが国家の核武力は、アメリカのいかなる核の威嚇も粉砕し、対応することができ、アメリカが無謀な火遊びをできないように制圧する強力な抑止力である」と強調した。

その上で、「わが共和国は今後も、並進の旗印を高く掲げて平和を愛する責任ある核強国として正義かつ平和な新世界を建設するために極力努力するであろう」と主張した。