北団体、日本が南北間にくさび

©デイリーNKジャパン

北朝鮮の朝日交流協会なる団体に所属するテ・チョル氏が26日、日本の安倍晋三首相らが北朝鮮と韓国の間に「くさびを打ち込もうとしている」と非難する論評を発表した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、安倍氏や菅義偉官房長官、河野太郎外相、小野寺五典防衛相らが、北朝鮮と韓国の間で進んでいる南北対話について「北朝鮮が完全で検証可能であり、不可逆的な核廃棄に乗り出す具体的な行動があってこそ意味ある対話になる」「対北強硬メッセージを北にまともに伝える対話になることを願う」などと主張したことに言及し、メディアも「とんでもない世論を流してなんとしても北南間にくさびを打ち込もうとしている」と指摘した。

つづけて、安倍政権は南北関係と朝鮮半島情勢の変化を「自分らの政治的運命を左右するかなめの要因の一つと見なしている」とし、「わが民族の分裂と戦争から大きな利得をむさぼって生きてきたずる賢い日本としては、北と南が手を取るほど自分らが一番多くのものを失うことになると見なしている」と述べた。

また、「後先もわきまえられず、時も頃も分別できない間抜けの振る舞いが後日、どんな結果を招くかについて熟考し、むやみにのさばってはならない」と忠告した。

その上で、「日本がわれわれの警告を無視して軽挙妄動するなら、朝鮮民族は研ぎ澄ました強力な拳で世紀と年代をまたいでこの領土に血で刻まれた千秋の恨みを必ず晴らすであろう」と主張した。