空港ライナー PR電車運行開始 JR豊肥線、鹿児島線

©株式会社熊本日日新聞社

空港ライナーをPRする電車のイメージ(合成写真、県提供)

 県は29日、熊本空港とJR豊肥線の肥後大津駅を結ぶ無料シャトル便「空港ライナー」をPRするため、特大フィルムを張った電車(2両編成)を豊肥線と鹿児島線で運行すると発表した。30日から3月末まで。

 フィルムは「空港ライナー」の青い文字とくまモンが描かれ、縦60センチ、横3メートル。1両に4枚張り、豊肥線の熊本-肥後大津と鹿児島線の鳥栖-八代で1日15本程度運行する。利用促進を狙って県と大津町、JR九州などでつくる運営協議会が初めて企画した。

 同ライナーの利用者は2017年4~12月が7万3393人で、熊本地震前の15年同時期を5%上回り、過去最高を更新する見通し。県交通政策課は「JR利用者にさらにアピールしたい」としている。(田上一平)

(2018年1月30日付 熊本日日新聞朝刊掲載)

あなたにおすすめ