北九州市で致死量5千人分の猛毒紛失

 北九州市は31日、市内にある化学品専門商社の倉庫から、猛毒シアン化ナトリウムの粉末1キロがなくなったと発表した。成人約5千人分の致死量に相当するといい、福岡県警が窃盗の疑いもあるとみて捜査している。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る