北九州市で致死量5千人分の猛毒紛失

 北九州市は31日、市内にある化学品専門商社の倉庫から、猛毒シアン化ナトリウムの粉末1キロがなくなったと発表した。成人約5千人分の致死量に相当するといい、福岡県警が窃盗の疑いもあるとみて捜査している。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む