首相、森友音声データ否定

スパコン事件再発防止を

©一般社団法人共同通信社

 安倍晋三首相は2日の衆院予算委員会で、森友学園の籠池泰典前理事長が昭恵首相夫人と国有地売却を巡り電話で話したと発言している新たな音声データの内容を否定した。「妻に確認したところ、そのような電話はしていないということだった」と述べた。スーパーコンピューター開発を巡る国の助成金詐取事件に関しては、経済産業省などに徹底的な原因究明と再発防止策を取るよう指示する考えを示した。

 首相は、籠池氏と財務省国有財産審理室長が2016年3月に面会していたことを夫人は知らなかったとして、売却交渉の進捗を夫人から尋ねられたとする籠池氏の発言も否定した。