認知症、全職員学ぶ サポーター講座開始 姶良市

©株式会社南日本新聞社

 姶良市は、全市職員約1200人(臨時職員含む)を認知症サポーターにする取り組みを始めた。1月30日、1回目の養成講座が姶良公民館であり、職員は認知症の原因や症状、対応の仕方、市のサポート制度を学んだ。  誰もが暮らしやすい街を目指して、認知症やその家族への支援を広げていくのが狙い。講座は来年度にかけて複数回あり、職員は希望日に1回受講する。

認知症サポーター講座を受講する市職員=姶良市の姶良公民館

あなたにおすすめ