J3群馬、島原でキャンプイン 小学生向けにサッカー教室 

©株式会社長崎新聞社

大江戸展

東京富士美術館の所蔵品による、長崎だけの特別な展覧会。浮世絵を中心に、教科書で目にしたことがあるような逸品がずらり。本物だけが持つ迫力を、是非ご堪能ください。

大江戸展特設サイトへ

 サッカーJ3のザスパクサツ群馬が3日、長崎県島原市でキャンプ入り。9日まで同市上の原3丁目の市営陸上競技場を中心に、開幕に向けてトレーニングに励んでいる。4日は同市平成町の多目的広場で、小学生向けのサッカー教室を開いた。

 同市でのキャンプは昨年1月以来2度目。今回は選手、スタッフら計40人が訪れた。布(ぬの)啓一郎新監督のもと、1年でのJ2復帰を目指している。宿泊やグラウンド設備が整っていることなどを理由に、同市を本格始動の場に選んだという。

 サッカー教室は、市のスポーツ少年団の小学3、4年生を中心に、男女約80人が参加。布監督や選手からパス、ドリブルの練習やミニゲームなどを通じて、プロの技術を熱心に学んだ。

 布監督は「活発で技術のある子どもたちばかりで、サッカーが好きな気持ちが伝わった」と笑顔で感想。キーパーをしている三会小6年の草野望君(12)は「ボールを受ける構え方や動き方などを教えてもらった。将来はプロを目指したい」と目を輝かせて話した。

ザスパクサツ群馬の選手(右)とミニゲームを楽しむ児童=島原市、多目的広場

あなたにおすすめ