日本庭園、足立美術館が1位

米誌ランキングで15年連続

米誌の日本庭園ランキングで15年連続1位に選ばれた足立美術館の庭園=2017年9月、島根県安来市

 横山大観らの近代日本画コレクションで知られる足立美術館(島根県安来市)は7日、米国の日本庭園専門誌ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニングが実施した2017年の日本庭園ランキングで1位に選ばれたと発表した。03年のランキング開始以降、15年連続の選出。

 足立美術館の庭園は約16万5千平方mで、専属庭師6人によって細部まで手入れされたアカマツなどの木々とコケ、白砂などが、遠景の山並みと相まって四季折々の風景を楽しませる。

 2位には桂離宮(京都市)、3位は山本亭(東京都葛飾区)、4位は京都平安ホテル(京都市)、5位は佳翠苑皆美(松江市)が選ばれた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

News Digest

News Digest