NY株、乱高下続く

1日の値幅508ドル

ニューヨーク証券取引所のトレーダーたち=7日(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】7日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反落し、前日比19.42ドル安の2万4893.35ドルで取引を終えた。1日の値幅は508ドルと大きく、前日の1167ドルより縮小したものの、前週末からの不安定な値動きが続いた。

 ダウ平均は取引開始直後に一時、前日と比べた下げ幅が120ドルを超えた。その後、割安感が出た銘柄などを急速に買い戻す動きもあり、上げ幅が380ドルを超える場面もあった。午後に入っても乱高下を繰り返し、方向感に乏しい展開だった。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。