産経、沖縄米兵の救出記事を削除

事実確認できず

©一般社団法人共同通信社

産経新聞東京本社=東京・大手町

 産経新聞は8日付朝刊で、昨年12月1日に沖縄県沖縄市で発生した車6台が絡んだ事故について、巻き込まれた日本人を米海兵隊員が救出したとする記事を同12日付朝刊に掲載したが、事実が確認できなかったとして、記事を削除するとともにおわびした。

 また、同9日にインターネット配信した産経ニュースで、沖縄県内で発行されている新聞の琉球新報と沖縄タイムスが同様の報道をしなかったことを「報道機関を名乗る資格はない。日本人として恥だ」などと批判したことにも、行きすぎた表現があったとして記事を削除し、両紙や読者に謝罪した。

 産経新聞の検証記事などによると、事故の記事はいずれも那覇支局長が執筆。ネット上の情報などを根拠に米海兵隊を取材したが、沖縄県警への取材を怠るなど事実関係の確認を十分しなかったことが原因としている。社内のチェックも不十分だったとした。

 琉球新報と沖縄タイムスは今年1月以降、米海兵隊員の救出について、米海兵隊や沖縄県警が確認していないとして、産経新聞の報道を否定していた。

 産経新聞社は8日、処分も今後に検討するとした上で、乾正人・執行役員東京編集局長名で「こうした事態を真摯に受け止め、再発防止の記者教育をさらに徹底するとともに、出稿体制を見直し、記事の信頼性向上に努めていく」などとするコメントを出した。

あなたにおすすめ

Curated by

47NEWS

47NEWS