ウェアに触発!あの「問題児」ディウフが政治家になる

©株式会社コリー

『FourFourTwo』は6日、「元セネガル代表FWエル・ハジ・ディウフは、政治家になることを明言した」と報じた。

かつてリヴァプール、ボルトン・ワンダラーズ、ブラックバーンなどでプレーしたディウフ。

代表としては2002年の日韓ワールドカップでセネガルを決勝トーナメント進出に導き、一時は世界でもトップクラスのタレントと評価されていた。

37歳になった彼は以下のように話し、リベリアの大統領になったジョージ・ウェアに触発されて政治家を目指していることを明かしたという。

エル・ハジ・ディウフ 「私は自分と家族のことを考えている。

長年サッカーのことばかり考えていた。しかし、私は新しいキャリアを始める。それは、政治家としての道だ」

エル・ハジ・ディウフ 「私は決断を下した。政治をすると。なぜなら、この国の物事が変わることを待っている人々がいるからだ。

そして、私はそれをする準備がある。なぜなら、私は若い人々の兵士になりたいからだ。

未来は決まった。次の2年間で政治家になる。なぜなら、私はサッカーで多くの物事を変えられたからだ。

政治に対する大きな情熱を持っている。そして、私を指導してくれるセネガルの人々もいる。

これが自分の未来だ。セネガルの多くの人々が、私の言葉を聞くことができるのだからね。

ハイレベルのコーチングコースを受けていたが、私はそれを続けないことを決めたよ。

やりたいことに関して、もっと良いプランを持ってからね」