旭日旗思わせる帽子着用で謝罪

平昌五輪、西選手「申し訳ない」

 【平昌共同】平昌冬季五輪の選手村でフリースタイルスキー男子モーグルの西伸幸選手(32)=マンマーノフーズ=が旭日旗を連想させるデザインの帽子を着用していたことを9日、明らかにし、謝罪した。同日の予選終了後に「スイスで買った帽子で、悪いという認識はなかった。いろいろなところで迷惑をかけて申し訳ない」と述べた。

 韓国紙、中央日報(電子版)の報道について、同選手が説明した。

 同紙によると、国際オリンピック委員会が公式インスタグラムで、選手村の様子を伝えようと、他国の選手と談笑する日本選手の写真を掲載。この選手の黒い帽子に旭日旗に似たマークが入っていた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る