韓国大統領に訪朝要請

南北首脳級会談、正恩氏が親書

©一般社団法人共同通信社

47リポーターズ

地方新聞社や共同通信の記者らによる署名入りコラム。 地方創生に絡む問題を多く取り上げ、新聞記事とは違った切り口で提供します。

今すぐ読む
韓国大統領府で北朝鮮の金与正・朝鮮労働党第1副部長(左)から親書を受け取り握手する文在寅大統領=10日(聯合=共同)

 【ソウル共同】韓国大統領府は10日、同日の南北首脳級会談で、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の妹、金与正・党第1副部長が正恩氏の親書を文在寅大統領に手渡し、訪朝を要請したと明らかにした。文氏は「今後、条件を整えて実現するようにしよう」と前向きな姿勢を示した。韓国大統領府関係者によると、南北双方とも核問題に関する直接の言及はなかった。

 文氏は「南北関係の発展には米朝対話が必ず必要だ」とも強調、訪朝を実現するため朝鮮半島情勢安定に向けた北朝鮮側の努力を促した。韓国は南北融和を米朝対話に発展させて核問題を解決したい考えだ。

韓国の文在寅大統領(手前右端)との会談に臨む北朝鮮の金永南・最高人民会議常任委員長(奥右)、金与正・党第1副部長(中央)ら=10日、韓国大統領府(聯合=共同)

あなたにおすすめ