11日午後~13日にかけて 日本海側で再び大雪のおそれ

©株式会社ウェザーマップ

11日の時系列天気予報

 あす11日(日)から13日(火)にかけて強い冬型の気圧配置となる影響で、北日本から西日本の日本海側を中心に大雪になるおそれがある。気象庁は大雪への警戒となだれへの注意を呼びかけている。

雨による融雪 低地浸水・河川増水 落雪・なだれに注意

 四国の南には前線を伴った低気圧があり、発達しながら本州の南海上を進む見込みだ。低気圧や前線に向かって暖かい空気が流れ込むため、全国の広い範囲で11日にかけて気温が上昇する。

 11日の明け方にかけて、北日本から西日本では気温が高く雨が降り、雪解けが進むため、積雪の多い地域ではなだれや、屋根からの落雪、融雪による低い土地の浸水や河川の増水、道路冠水に注意が必要だ。

大雪 日本海側を中心に連休明けまで警戒

 日本付近は次第に冬型の気圧配置が強まって12日(月)には上空5000メートルで-42℃以下の寒気が流れ込み、13日(火)頃にかけて強い冬型の気圧配置が続く見込みだ。

 このため、北日本から西日本では11日の昼頃から日本海側を中心に大雪となる見込みだ。
 12日から13日頃にかけても降雪が強まるため、降雪量はさらに増える予想。大雪や路面凍結による交通障害に警戒と、なだれに注意が必要だ。

■11日夕方までの予想降雪量(多いところ)
 北海道、北陸    40センチ
 東北        30センチ
 東海、近畿     25センチ
 関東甲信、中国地方 15センチ
 (その後も降雪量増える見込み)

11日夜に予想される上空の寒気。

風雪・高波

 北日本から西日本の日本海側では、雪を伴って強い風が吹くためふぶきにも注意が必要だ。また、北陸では11日に6メートルの波が予想され、海は大しけとなる見込みだ。高波にも警戒が必要になる。

あなたにおすすめ

Curated by

釣りPLUS