まる子も踊る復興の旗 広安小児童×さくらももこさん合作

©株式会社熊本日日新聞社

完成記念イベントで披露された、ちびまる子ちゃんと広安小の児童らが描いた花をコラージュした「復興のぼり旗」=益城町

 漫画家のさくらももこさんが描き下ろした「ちびまる子ちゃん」のイラストと、益城町の広安小児童が描いた花をコラージュした2枚の「復興のぼり旗」が完成し、10日、同校で記念イベントがあった。

 熊本地震の被災者をアートで元気づけようと、保護者らでつくる実行委が企画。「花で人を幸せに」をテーマに、児童や教師ら約700人がクレヨンや絵の具を使って、ひまわりやチューリップ、コスモスなどを描いた。

 のぼり旗は縦2・7メートル、横5・4メートル。ちびまる子ちゃんと児童らの絵を組み合わせた原画を、テント用の布に印刷した。近く、同町馬水の被災民家跡地に掲げる。

 イベントには住民や児童ら約300人が参加し、風船を飛ばして完成を祝った。実行委代表の荒木由美さん(37)は「のぼり旗を見て、明日も頑張ろうという気持ちになってほしい」と話した。同町在住の津軽三味線奏者高崎裕士さん、県内在住のシンガーソングライターMICAさんのライブもあった。(久保田尚之)

(2018年2月11日付 熊本日日新聞朝刊掲載)

あなたにおすすめ