小中学生、ペッパー自在に

プログラミング学習大会

人型ロボット「ペッパー」を使ったプログラミング学習の全国大会で発表する新砥小の児童=11日、東京都港区

 ソフトバンクグループは11日、人型ロボット「ペッパー」を使い、プログラミング学習の成果を競う初の全国大会を東京都で開いた。小中学生48チームが参加、大人顔負けの操作でペッパーを自在に動かした。

 プログラミング学習は論理的な思考力や創造力を養うのが目的。この日は、小学生、中学生と部活の3部門に分かれ、パソコンでペッパーにしゃべらせたり、動きをつけたりした。

 小学生部門で金賞を取ったのは、岡山県新見市の新砥小学校6年の男女2人組。

 中学生部門の金賞は佐賀県武雄市の武雄北中学校。部活部門の金賞は岐阜市の青山中学校が獲得した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む