「こどもホスピス」広めよう

横浜で初のサミット

©一般社団法人共同通信社

47リポーターズ

地方新聞社や共同通信の記者らによる署名入りコラム。 地方創生に絡む問題を多く取り上げ、新聞記事とは違った切り口で提供します。

今すぐ読む
横浜市で開かれた「第1回全国こどもホスピスサミット」=11日午後

 重い病気や障害のある子どもが家族と一緒に過ごす「こどもホスピス」について考える「第1回全国こどもホスピスサミット」が11日、横浜市で開かれた。出席者らが、全国に設置を進める必要性を確認し合い「子どもと家族に豊かな時間を提供し、地域とともに歩む開かれた施設を目指す」との宣言を発表した。

 サミットでは、大阪市にある「TSURUMIこどもホスピス」の現場責任者、水谷綾さんが、施設にキッチンカーや移動動物園を呼んだことを紹介。「家族で遊んだり学んだりして、共に過ごす時間を提供している。今を大切にすることで、子どもや家族に生きる意味を見いだしてほしい」と話した。

Curated by

大阪府医師協同組合

以下の「同意する」ボタンを押すことで、またはこのページ内のリンクをクリックすることで、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定める「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意することになります。お客様は、プライバシーポリシー記載の所定の手続きにより、アクセスデータを管理できます。