米テレビ、抗議受け謝罪

韓国の発展「日本が手本」と発言

 【ニューヨーク共同】米NBCテレビのコメンテーターが、平昌五輪の開会式の中継で、植民地支配をした日本が、韓国の発展の手本になっているという趣旨の発言をしたとして、韓国などの視聴者から批判が殺到し、同テレビは11日までに不適切だったとして韓国の国民に謝罪した。米メディアが伝えた。

 コメンテーターはノンフィクション作家のジョシュア・クーパー・ラモ氏。安倍晋三首相が開会式に出席したことを伝える中で、日本による過去の植民地支配に言及。続けて「日本は文化、テクノロジーそして経済で、韓国が生まれ変わるための極めて重要なお手本だ。韓国人なら誰もがそう言う」と述べた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む