将棋、渡辺の先手番で始まる

棋王戦第1局

 将棋の渡辺明棋王(33)に永瀬拓矢七段(25)が挑戦する第43期棋王戦(共同通信社主催)5番勝負の第1局は12日午前9時、宇都宮市の宇都宮グランドホテルで始まった。

 渡辺棋王は前期、永世棋王の資格を得ており、6連覇を目指す。永瀬七段は2度目のタイトル挑戦で初獲得を狙う。

 振り駒の結果、渡辺棋王の先手番となり、戦型は矢倉に。永瀬七段は流行の雁木で対抗した。両者、時間を使い慎重に駒組みを進めている。

 立会人は中村修九段。持ち時間各4時間で、同日中に決着する予定。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る