打率4割超も「脱走計画2回立てた」 DeNA乙坂がメキシコで体感した真剣勝負

©株式会社Creative2

メキシコでのウインターリーグで活躍をみせたDeNA・乙坂智【写真:荒川祐史】

メキシコで大活躍も…乙坂「いやいや、楽しいわけがない」

「マジでキツかったです」

 昨年オフに単身渡ったメキシコでの日々について問われると、DeNA乙坂智外野手は大きな目をさらに見開いて、力強く言い切った。「マジでヤバイ。超真剣勝負でした」と振り返る。

 中南米の野球と言えば、ドミニカ共和国やキューバ、メキシコなども含め、明るく楽しいイメージが強い。観客席で踊る熱狂的なファンがいれば、点が入った時や試合に勝った時の選手の喜び方も情熱的だ。確かに中南米出身の選手は「野球を楽しむ」「楽しい野球」という言葉をよく使うが、それは日本人が想像する「楽しい」とは少し意味が違うようだ。「楽しさ」は仲良しこよしの馴れ合いから生まれるのではなく、真剣勝負から感じる達成感や充実感から生まれてくる。

「みんな聞くんですよ。『ウインターリーグ楽しかった?』って。いやいや、楽しいわけがない。ヒットを打った時とか、端々を見れば中南米の人は感情表現が豊かなんで楽しそうに見えるかもしれないけど、試合はガチです。日本以上に真剣。勝負に懸ける気持ちは半端ない。今季の契約がない選手がたくさんいて、ウインターリーグでいい成績を残して契約を勝ち取ろうとしている。練習の時とかワイワイしてますけど、試合開始40分くらい前になると超真剣ですから」

 ドミニカ共和国のウインターリーグでは、毎日ロースターの変更が可能だ。だが、メキシコでは一度ロースターを外れると5日間は復帰できない。その間に他の選手がいい成績を残したら、ロースターに復帰できない可能性は大。「1回外されるとチャンスがない」と、みんなが生き残りに必死だ。そんな中、乙坂は11月11日の“デビュー戦”で3安打の活躍をすると打って打って打ちまくり、最終的には27試合で打率.410、OPSは.967という圧巻の成績。それでも「とにかく人生で一番長い1か月でした」と苦笑いしながら振り返る。

経験した「サバイバル」、時には「ろくでなし」の言葉も

「何割打とうが、どうだっていいんですよ(笑)。試合に出たいから、結果を出さないと。マジでサバイバルですよ。みんな必死。チームメイトは普段めっちゃ親切だけど、同じポジションだったベテラン選手には毎日スペイン語で『ろくでなし』的なことを言われるし、飛行機移動の時とかチケット丸められたり。影で何か言われるより、逆にオープンでありがたいですけど。

 食べ物にも困った。試合後にシャワー浴びてホテルに戻ると11時半くらい。お店は11時には閉まるから、屋台のタコスしか食べるものがないんですよ。いくらタコスが好きでも、週7回はキツイです。遠征地までのバス移動も長くて、最長で11時間。アベレージが6時間くらいで、3時間だったら近い方で全然余裕、みたいな感じ。日本でいかに甘やかされていたか痛感しましたね」

 覚悟はしていた。2015年オフには筒香嘉智と一緒にドミニカ共和国へ渡り、練習生として現地の野球に触れた。だが「きっかけが欲しかった。行くんだったら、絶対1人で行きたかったんです」と、最初と最後の数日間は通訳を兼ねた日本人スタッフも滞在したが、残りの約3週間はまったく1人。「英語も喋れるって感じじゃないし、スペイン語なんて本当に分からない」という乙坂を、チームメイトをはじめ各所で出会う人が親身になって助けてくれた。「めちゃうれしかったです。感動したっす」という。

「でも、脱走計画を2回立てました(笑)。マジできつくて、試合が終わって夜部屋に戻ると『この3連戦が終わったら帰る!』ってiPadで飛行機調べて『もう絶対に帰る!』って思うんですけど、朝が来ると、球場に行ってみんなの顔が見たくなるんですよ。不思議と『球場に行きたくない』って感じにはならなかったですね」

メキシコで得た新たな気付き「その瞬間瞬間を一生懸命生きる」

 乙坂を球場に引き戻したのは、チームメイトたちの野球に対するアプローチだ。1か月の滞在中に一度だけ雨が降った日のこと。「よっしゃ、ノーゲーム!」と喜んでいた乙坂に対し、チームメイトは揃って「トモ、何言ってるんだ!? このくらいだったら試合しようぜ」と声を掛けた。連戦中に球場に着いて「カンサード(疲れた)」と言った時も、チームメイトに「何で? 今から野球やるんだぞ!?」と返されたという。

「試合をできないことが嫌なんですよ、彼らは。野球が大好きだから。朝球場に来て、野球ができることが幸せっていう感覚。雨天中止でラッキーなんて感覚はない。いいなぁ、この感覚って思いました」

 脱走寸前まで追い込まれながらも何とか乗り切った1か月は、今季で7年目を迎える乙坂にいろいろな気付きを与えた。

「その瞬間瞬間を一生懸命生きるっていうんですかね。今の連続が明日につながって、明日のことを考えて今がおろそかになってはいけない。明日頑張ればいいや、じゃなくて、この1打席に懸ける思いが強くなりました。4割打ったといっても、後半はピッチャーのレベルが高くなって全然打てなかった。自分がもっとレベルアップしなきゃいけないって思いましたね。

 ずっと打てていたら『これでいいや』ってなっていたと思うんで、逆に最後の方は打てなくなってよかったです。もっともっと上手くなりたいって気持ちが出てきましたから。小さくまとまる必要はないし、優等生で野球をやる必要はない。ガツガツ行くことが自分にとってもチームにとってもプラスになるんじゃないかな」

 外野で熾烈なポジション争いが予想される今季。今までとひと味もふた味も違った乙坂の姿を期待してもよさそうだ。

(Full-Count編集部)

あなたにおすすめ

Curated by

mobcast

mobcast