レアル戦はネイマールの独り舞台か 尋常ではない過去のベルナベウでの暴れっぷり

過去のR・マドリードとの対戦でゴールを量産 photo/Getty Images

今季のUEFAチャンピオンズリーグのグループステージ(グループH)を2位で終え、ラウンド16に駒を進めたレアル・マドリード。同クラブは14日と来月6日に行われる同ラウンドでパリ・サンジェルマンと対戦する。

重要な一戦を控える同クラブだが、ネイマール(現パリ・サンジェルマン)に関する不吉なデータが浮上した。同選手はバルセロナ在籍時にレアル・マドリードと8回(※1)対戦しているが、その8試合で3得点5アシストと同クラブの守備陣を手玉に取っている。また、同選手はサンティアゴ・ベルナベウ(レアルの本拠地)で行われたリーグ戦3試合に出場し、その全てで得点もしくはアシストを記録している(※2)。

2ndレグへ望みを繋ぐためにも、1stレグでのアウェイゴール献上を避けたいレアル・マドリード。組織的な守備でネイマールのドリブルのコースを消し、試合の主導権を握ることができるだろうか。

(※1)リーガ・エスパニョーラ、及びスペイン国王杯での成績を算出。

(※2)3試合で2得点3アシストを記録。

©株式会社FACTORIES

Curated by

CYCLE

CYCLE

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。