中国、国民に海外訪問で理性訴え

相次ぐ大声など迷惑行為受け

©一般社団法人共同通信社

47リポーターズ

地方新聞社や共同通信の記者らによる署名入りコラム。 地方創生に絡む問題を多く取り上げ、新聞記事とは違った切り口で提供します。

今すぐ読む
中国中央テレビが放映した、1月末に成田空港で航空会社や空港職員の対応に抗議する中国人旅行客らと警備する警察官の映像(共同)

 【北京共同】中国外務省は12日までに、春節に合わせて15日から始まる大型連休で海外を訪問する際に理性的に振る舞うよう呼び掛ける緊急通知を出した。日本など国外の空港で、中国人旅行客が大声で国歌を歌うなどの迷惑行為が相次いだことを受けた措置。習近平指導部は国民の間に広がるゆがんだ大国意識への対応に苦慮している。

 「中華民族に迫る最大の危機」「立ち上がれ」。中国メディアによると、1月末、成田空港の搭乗口で、欠航で足止めされた中国人旅行客数十人が航空会社や空港職員の対応に抗議し、中国国歌「義勇軍行進曲」を合唱。職員とのトラブルから客の1人が警察に連行された。

あなたにおすすめ