ロッテ、前ソフトB大隣らが合格

キャンプで入団テスト

©一般社団法人共同通信社

47リポーターズ

地方新聞社や共同通信の記者らによる署名入りコラム。 地方創生に絡む問題を多く取り上げ、新聞記事とは違った切り口で提供します。

今すぐ読む

 ロッテの林信平球団本部長は12日、沖縄県石垣市のキャンプで入団テストを受けた、前ソフトバンクの大隣憲司投手、台湾出身で元ソフトバンクの李杜軒内野手、ドミニカ共和国出身で昨季は独立リーグのルートインBCリーグ富山でプレーしたフランシスコ・ペゲロ外野手の合格を発表した。後日、正式契約する。

 林本部長は「大隣は球が力強く先発候補。李は手薄な内野手の層を厚くする。ペゲロはパンチ力がありミートが上手」と評価した。通算52勝を挙げている33歳の大隣は「年齢もいっているのに取っていただいて感謝のひと言。また一から頑張りたい」とコメントした。

あなたにおすすめ

Curated by

mobcast

mobcast