コラソン 1点差で惜敗 12試合勝ち星なく

 日本ハンドボールリーグ(JHL)の琉球コラソンは12日、那覇市の県立武道館で湧永製薬と戦い、21―22で敗れた。コラソンの通算成績は4勝1分け16敗。引き分けを挟んで12試合連続で白星から遠ざかっている。

 前半はコラソンのミスなどから攻め込まれる展開が続き、7―14のダブルスコアで折り返した。

 後半になると、GK内田武志のファインセーブや仲程海渡らのドリブルカットからの速攻で点差を縮めた。後半26分過ぎに石川出のシュートで同点に追い付くも、同29分過ぎに相手に決められる。残り15秒で7人攻撃を試みたが最後のシュートが外れてしまい、追い付くことはできなかった。湧永製薬の東江太輝(那覇西高―日体大出)は5得点を挙げた。

 次戦は17日午後2時から、豊見城市民体育館でトヨタ自動車東日本と戦う。

©株式会社琉球新報社