日本選手がドーピング陽性反応

冬季五輪で日本初、ショート斉藤

©一般社団法人共同通信社

斎藤慧選手

 【平昌共同】平昌冬季五輪のスピードスケート・ショートトラック男子の斎藤慧選手(21)=神奈川大=が、ドーピング検査で陽性反応を示していたことが12日、複数の関係者への取材で分かった。日本オリンピック委員会(JOC)が13日に平昌で詳細を公表する。違反となれば、冬季五輪の日本勢では史上初めてのケースとなる。

 斎藤選手は2013、14年の世界ジュニア選手権で3000mリレーの3位に貢献した。今回は男子の5番手として初の五輪代表入りを果たし、4人が出場するリレーで補欠の立場だった。関係者によると、今大会の競技が始まる前の抜き打ち検査で検出されたとみられる。

47リポーターズ

地方新聞社や共同通信の記者らによる署名入りコラム。 地方創生に絡む問題を多く取り上げ、新聞記事とは違った切り口で提供します。

今すぐ読む