ロアッソ新戦力、MF田辺圭佑(背番号25) 精度高い左足武器

©株式会社熊本日日新聞社

J3琉球から加入したMF田辺圭佑。精度が高い左足のキックが魅力=県民総合運動公園

 J3琉球から加入したMF田辺圭佑(25)。昨季は精度が高い左足を武器に中盤からのゲームメークで活躍し、リーグ戦全32試合に出場した。「J3の4年間で試合を決めるラストパスに自信がついた。J2でどこまで通用するか楽しみ。巡ってきたチャンスを必ずものにする」と意気込みをみせる。

 4年前、中大で同期のFW皆川佑介やDF高瀬優孝らがJ1入りする中で琉球入りを決断した。「悔しいが自分の実力を考えたら、その舞台から始めるしかなかった。必ずステップアップし、いつかは同じ舞台に立つ、と心に刻んだ」。琉球での4年間、レギュラーの座をつかみ、「周りとの連係を意識し、ゲームをコントロールする力が学生時代より格段についた」と自信を見せる。

 熊本に加入して4週間。「パススピードのレベルは多少違ったが、もう慣れた」と心強い。味方選手との距離感を詰め、素早いテンポでパスを回すキーマンの一人になりつつある。練習試合でも前線への的確なパスはきらりと光る。「熊本のポゼッションサッカーは琉球とも似ているのでやりやすい」

 ロアッソ浮上の鍵を握るレフティーは「知名度もないし、サポーターからは“誰だ”と思われていると思う。プレーで認めてもらいたい」と決意を示した。(樋口琢郎)

◇たなべ・けいすけ 身長170センチ、体重67キロ。埼玉県出身。趣味は釣り。昨年末に同い年の沖縄出身の女性と結婚した。「妻の祖母が作ってくれるソーキそばが絶品。沖縄は暖かくて、永住したいほど好きになった」

(2018年2月13日付 熊本日日新聞朝刊掲載)

あなたにおすすめ