【私と熊本城マラソン】元陸上部、初の「フル」楽しみ

©株式会社熊本日日新聞社

 ●小国町臨時職員の飯沼みのりさん(20)=同町

 小学3年から高校3年まで、陸上クラブや陸上部に所属。有明高2年のときに、都大路を走る全国高校駅伝でアンカーを務めた。フルマラソンは初挑戦。「練習で走る距離は長くても20キロだったので、フルマラソンがどんな感じなのか高校時代から興味があった」

 熊本城マラソンは、沿道の応援が盛り上がって楽しそうな印象という。「駅伝でも応援が励みになった。今回も楽しみながら駆け抜けたい」

 制限時間内の完走を目指し、毎日40分から1時間ほど練習に励む。「厳しい寒さの中でトレーニングしているから、本番でも寒いのは平気」と意気込む。(後藤仁孝)

(2018年2月13日付 熊本日日新聞朝刊掲載)

あなたにおすすめ