12日の室蘭地方は寒さ“強烈”凍える一日

©株式会社室蘭民報社

 北海道付近の上空に強い寒気が流入した影響で、12日の室蘭地方は日中も気温が上がらず、各地の最高気温は氷点下のまま。真冬日を観測した。

 12日の最高気温は、室蘭が氷点下6・3度、登別が同8・2度、伊達が同6・3度、白老が同6・1度。前日の11日より8~9度低かった。真冬日は室蘭と伊達が1日以来、登別は8日以来、白老は7日以来。

 室蘭市香川町のだんパラスキー場には、第8回雪像ゆきまつりの企画として、長さ10メートルと24メートルの氷の滑り台が登場。防寒着を着た子どもたちは、寒さを吹き飛ばすかのように歓声を上げていた。滑り台は17日と18日も遊ぶことができる。 (有田太一郎)

【写真=氷の滑り台で遊ぶ子どもたち】