横領容疑でスーパーの元幹部逮捕

被災地に出店、約2億円を着服か

©一般社団法人共同通信社

「伊藤チェーン」が宮城県岩沼市の玉浦西地区に出店したスーパー=13日午後

 東日本大震災の集団移転地区などに出店する宮城県柴田町のスーパーマーケット「伊藤チェーン」の預金口座から現金50万円を着服したとして、県警は13日、業務上横領容疑で同社元幹部の無職佐藤幸子容疑者(59)=東京都江戸川区松江=を逮捕した。県警は、佐藤容疑者が約10年間で計約2億円を着服したとみて捜査する。

 県警などによると、伊藤チェーンは、被災した住民が集団移転した宮城県岩沼市の玉浦西地区にスーパーを出店。2015年5月、金融機関から融資を受けるための審査で、経理責任者だった佐藤容疑者の不正が発覚し翌月、懲戒解雇した。

あなたにおすすめ

Curated by

ORICON NEWS