難民申請、1万9千人と大幅増

入管17年速報値、認定は20人

東京入局管理局=東京都港区

 法務省入国管理局は13日、2017年の難民申請者数が1万9628人だったと発表した。1982年に統計を取り始めて以降、初めて1万人を超えた16年から、さらに8727人増えた。一方、難民と認定されたのは8人減の20人にとどまった。いずれも速報値。

 申請者の出身国籍は82カ国。フィリピンが4895人で最も多く、ベトナム3116人、スリランカ2226人、インドネシア2038人と続いた。フィリピンは16年の1412人から大幅に増加した。

 これに対し、認定者はエジプト5人、シリア5人、アフガニスタン2人など。認定はしなかったが、シリア人など45人の在留を認めた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

47NEWS

47NEWS

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。