マック最高益240億円

10年ぶりに店舗数純増へ

 日本マクドナルドホールディングスが13日発表した2017年12月期連結決算は純利益が前期の約4.5倍に当たる240億円となり、過去最高を更新した。18年からの3年間で150~200店を新規出店する計画も公表。18年は店舗数が10年ぶりに純増となる。

 17年12月期は新商品の発売や販売促進キャンペーンが効果を上げた。店舗の改装も集客増に貢献し、売上高は前期比11.9%増の2536億円となった。

 サラ・カサノバ社長は記者会見で「(14年に発覚した期限切れ鶏肉使用問題という)困難な時期から回復し、持続的な成長のための強力な基盤を構築できた」と話した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

NewsPicks

NewsPicks