流出したネムの補償は「明確になれば報告」

©一般社団法人共同通信社

47リポーターズ

地方新聞社や共同通信の記者らによる署名入りコラム。 地方創生に絡む問題を多く取り上げ、新聞記事とは違った切り口で提供します。

今すぐ読む

 コインチェックの大塚雄介取締役は、流出した仮想通貨「NEM(ネム)」の補償や、停止している仮想通貨の取引再開の時期は「明確になれば報告したい」として、言及を避けた。

あなたにおすすめ