日本財団、パラオに中型巡視船

海上警備能力向上で供与

パラオに供与された中型巡視船=13日、コロール(共同)

 【コロール共同】日本財団は13日、太平洋の島国パラオに40メートル級の中型巡視船を引き渡した。同国の広大な排他的経済水域では外国漁船による違法操業が後を絶たず、海上警備能力を向上させる狙いがある。

 パラオの海上保安当局によると、周辺海域はマグロやカツオの好漁場。中国やベトナム、フィリピンなどの漁船が無断で操業しているが、取り締まりに当たる人員や装備が不十分で、EEZの適切な管理が課題になっている。

 日本財団は日本の海上保安庁や米国、オーストラリアと調整し、12年以降、航続距離が約700キロの小型巡視艇3隻や衛星通信装置などをパラオに供与してきた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。