スノボHP平野が3位で予選通過

第5日、1500mの小田は5位

©一般社団法人共同通信社

47リポーターズ

地方新聞社や共同通信の記者らによる署名入りコラム。 地方創生に絡む問題を多く取り上げ、新聞記事とは違った切り口で提供します。

今すぐ読む
男子ハーフパイプの予選を突破し、笑顔を見せる平野歩夢=平昌(共同)

 【平昌共同】平昌冬季五輪第5日の13日、スノーボードの男子ハーフパイプ(HP)予選を行い、前回ソチ五輪2位で金メダル獲得の期待がかかる平野歩夢(19)は3位で通過した。片山来夢(22)は5位、戸塚優斗(16)は10位で14日の決勝に進んだ。トリノ、バンクーバー五輪金メダルのショーン・ホワイト(米国)がトップ通過で、平岡卓(22)は敗退した。

 スピードスケート男子1500メートルは小田卓朗(25)が5位と健闘、ウイリアムソン師円(22)が10位、中村奨太(24)が24位だった。

 ショートトラック男子5000メートルリレー予選で日本は決勝進出を逃した。

以下の「同意する」ボタンを押すことで、またはこのページ内のリンクをクリックすることで、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定める「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意することになります。お客様は、プライバシーポリシー記載の所定の手続きにより、アクセスデータを管理できます。