<レスリング>3.17~18女子ワールドカップ(高崎アリーナ)代表に全日本選手権1・2位を中心に20選手

©公益財団法人日本レスリング協会

福田富昭会長、富岡賢治高崎市長ほか、団体世界一を目指す日本代表選手

 日本協会は2月13日、都内で会見を開き、来月17日(土)~18日(日)に群馬県高崎市・高崎アリーナで行なわれる国別対抗戦、女子ワールドカップの日本代表選手を発表した。全日本選手権1、2位の選手を中心に各階級2選手をエントリーする。

 2001年にスタートした女子ワールドカップで日本は昨年大会(ロシア)で3大会連続9度目の優勝を達成。今回はまだ達成していない4連覇を目指す。日本では2003、04、06、12、14年大会に続く開催となる。

 会見には富岡賢治高崎市長が出席。「高崎市でのワールドカップ開催を、市をあげて歓迎します。入場無料なので、たくさんのお客さんが来たら大変になりますが、しっかりやります」とあいさつ。

高崎市を代表してあいさつした富岡賢治高崎市長

 日本協会の福田富昭会長は「優勝を目指して頑張らせたい。優勝以外の道はない」と必勝を宣言し、世界レスリング連盟(UWW)の富山英明理事(日本協会常務理事)は「去年12月の大会は2番手を中心とした大会だったが、中国の一線級にも勝った。ベストメンバーで臨む今回も勝ってくれることを期待したい」と話した。

 栄和人強化本部長は「10階級となったので勝敗が読めない部分はある。全階級で選手がそろっている中国が強敵。地元開催で負けるわけにはいかない」と話し、日本選手の健闘を期待。出席した選手を代表し、62kg級の川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)が「新しい階級になり、新しい計量方法になって最初のワールドカップです。4大会連続優勝を目指し、東京オリンピックにつながるよう、一人一人が責任感をもって闘いたい」と決意を話した。

選手を代表してあいさつした川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)

 女子ワールドカップは、前年の世界選手権の国別対抗得点の上位8ヶ国が参加し、団体戦の世界一を争う大会。今年はトルコが辞退し、スウェーデンが繰り上がって参加する。

《参加国》日本、ベラルーシ、米国、モンゴル、カナダ、中国、ルーマニア、スウェーデン

 大会は8ヶ国が4チームずつ2ブロックに分かれ、第1日に総当たりリーグ戦を実施。最終日に順位決定戦が行なわれる。各階級2選手までエントリーでき、選手を交互に起用することができる。

 日本選手団は下記の通り。


役員

【本部長】栄和人(ナショナルコーチ)、【本部長補佐】赤石光生(ジャパンビバレッジ)、【副本部長】西口茂樹(ナショナルコーチ)

【監督】笹山秀雄(自衛隊)、【コーチ】齊藤将士(警視庁)、志土地翔大(至学館大職)、吉村祥子(エステティックTBC)、冨田和秀(自衛隊)、金浜良(ジャパンビバレッジ)、成富利弘(東京・安部学院高教)

【ドクター】矢野雄一郎(獨協医大日光病院)、【トレーナー】佐藤守重(JSC日本スポーツ振興センター)、【栄養】野崎久美(JSC日本スポーツ振興センター)

選手

【50㎏級】入江ゆき(自衛隊)
  〃   五十嵐未帆(至学館大)
【53㎏級】奥野春菜(至学館大)
  〃   宮原優(博報堂DYスポーツ)
【55㎏級】向田真優(至学館大)
  〃   五十嵐彩季(愛知・星城高)
【57㎏級】坂上嘉津季(ALSOK)
  〃   南條早映(JOCエリートアカデミー/東京・安部学院高)
【59kg級】川井友香子(至学館大)
  〃   熊野ゆづる(日大)
【62kg級】川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)
  〃   伊藤友莉香(自衛隊)
【65㎏級】源平彩南(至学館大)
  〃   栄 希和(ジェイテクト)
【68㎏級】土性沙羅(東新住建)
  〃   森川美和(東京・安部学院高)
【72㎏級】松雪成葉(愛知・至学館高)
  〃   古市雅子(日大)
【76㎏級】皆川博恵(クリナップ)
  〃   松雪泰葉(愛知・至学館高)

あなたにおすすめ

Curated by

economy