「米存亡に関わる脅威」

情報長官が北朝鮮けん制

 【ワシントン共同】コーツ国家情報長官は13日、上院情報特別委員会の公聴会で、核・ミサイル開発を進める北朝鮮は「米国の存亡に関わる脅威になり得る」と危機感を表明、「どう対応するのか、決断の時はかつてないほど迫っている」と述べ、北朝鮮をけん制した。「目標は平和的解決だ」として、最大限の圧力をかけ続けて姿勢転換を迫る方針を強調した。

 コーツ氏は北朝鮮が今年も核・ミサイル関連の実験を続けるだろうと予測。北朝鮮の李容浩外相が昨年9月の訪米時に言及した太平洋上での水爆実験に踏み切る可能性や、核だけでなく生物、化学兵器を追求していることへの憂慮も示した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

Record China

Record China