中間選挙へのロシア介入懸念

米国家情報長官

 【ワシントン共同】コーツ米国家情報長官は13日、上院情報特別委員会の公聴会で、ロシアが11月の米中間選挙に介入するためサイバー攻撃を激化させるだろうと懸念を示した。

 コーツ氏は「(ロシアによる)しつこく、破壊的なサイバー作戦は続く」と述べ、欧州各地の選挙に関してもサイバー攻撃の対象になるだろうと語った。

 米情報機関は、ロシアのプーチン大統領が2016年の米大統領選に絡んでサイバー攻撃を指示したと結論付けている。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

Record China

Record China