米大統領、日本の防衛費負担批判

「不公正だ」

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は13日、ホワイトハウスで開催した貿易に関する与野党議員との会合で「日本や韓国、サウジアラビアは米国に防衛してもらっているのに、経費の一部だけしか支払わないのは不公正だ」と批判した。「貿易とは別の議論だが、現実の問題だ」と述べた。

 トランプ氏は米軍駐留経費の負担増を日本に求めたことがある。最近は言及を控えていたが、議論を蒸し返した形だ。

 貿易については「日本は米国に大量の自動車を輸出している」と指摘。その上で「(海外の自動車メーカーが)やらなければならないことは米国に工場を建設することだ」と述べた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る