上越新幹線、走行中に金具落下か

屋根上で発見、JR新潟支社

©一般社団法人共同通信社

47リポーターズ

地方新聞社や共同通信の記者らによる署名入りコラム。 地方創生に絡む問題を多く取り上げ、新聞記事とは違った切り口で提供します。

今すぐ読む

 JR東日本新潟支社は14日までに、上越新幹線の車両床下の金具が走行中に落下したとみられると明らかにした。新潟市の車両センターで13日、点検中の係員が、10両編成の1号車で金具がないのに気付き、6号車の屋根の上で見つかった。同支社は、走行中に外れた金具が壁に当たるなどして乗った可能性があるとしている。

 同支社によると、金具は縦約20センチ、横約14センチ、重さ約2.5キロで、床が上下に揺れるのを抑える機能がある。金具を固定するボルト2本と針金も落下したとみられるが、見つかっていない。11日の点検では異常はなかったという。

Curated by

Record China

Record China

以下の「同意する」ボタンを押すことで、またはこのページ内のリンクをクリックすることで、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定める「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意することになります。お客様は、プライバシーポリシー記載の所定の手続きにより、アクセスデータを管理できます。