自動車大手の労組が要求書を提出

ベア前回並み月額3千円

 トヨタ自動車や日産自動車、ホンダ、SUBARU(スバル)の自動車大手の労働組合は14日、経営側に要求書を提出した。ベースアップ(ベア)に相当する賃金改善分として前回2017年と同額の月額3千円を求めた。春闘で自動車大手は電機大手と並んで相場のけん引役が期待されている。各社の業績は好調だが、次世代技術の開発に巨額の費用がかかる台所事情を抱えており、経営側がどこまで賃上げに応じるかが焦点だ。

 ベアでは各社が足並みをそろえる。ボーナスに当たる年間一時金はトヨタが6.6カ月分、日産が5.8カ月分、ホンダが6.2カ月分、スバルが6.0カ月分を要求した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

Record China

Record China