スノボ戸塚にアクシデント

エアで着地に失敗

©一般社団法人共同通信社

47リポーターズ

地方新聞社や共同通信の記者らによる署名入りコラム。 地方創生に絡む問題を多く取り上げ、新聞記事とは違った切り口で提供します。

今すぐ読む
男子ハーフパイプ決勝 2回目の演技で転倒し、担架に乗る戸塚優斗=平昌(共同)

 男子ハーフパイプで初出場の16歳、戸塚は2回目の演技でアクシデントに見舞われた。エアで着地に失敗。「リップ」と呼ばれる壁の最も高い位置に激しく体をぶつけ、パイプの底まで力なく滑り落ちた。

 自力では立ち上がれなかった。心配そうに日本のスタッフが見守る中、係員によってソリ型の担架に乗せられ、コースから運び出された。(共同)

Curated by

Record China

Record China

以下の「同意する」ボタンを押すことで、またはこのページ内のリンクをクリックすることで、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定める「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意することになります。お客様は、プライバシーポリシー記載の所定の手続きにより、アクセスデータを管理できます。