ロアッソの新スタジアムDJ 「スガッシュ」3月4日デビュー

©株式会社熊本日日新聞社

ロアッソ熊本のマッスルアンバサダーに就任したスガッシュさん=熊本市

 サッカーJ2ロアッソ熊本ホームゲームでのスタジアムDJに、スポーツジムでのトレーナーやインストラクターを務めるスガッシュ(本名・菅智史)さん(34)が就任した。今季から新設の「マッスルアンバサダー」。チームOBで独特のキャラクターで親しまれたDJコバ(小林弘記)さんに代わり、ロアッソの得点のたびに「ゴール!」と会場を盛り上げる。「みんなで筋肉鍛えて、Jリーグで一番大きな声援を選手に送りたい」と意気込む。

 菊陽町出身で大津高ではサッカー部。俊足FWとして全国選手権県予選準々決勝でハットトリックも決めた。卒業後はアルエット熊本に所属。2004年には「Jリーガーになる夢を諦めきれなかった」と、ロッソ(現ロアッソ)熊本の入団テストに挑むも落選した。

 その後は「一緒に体を動かすこと」に楽しさを見いだし、20代半ばからスポーツクラブでトレーナーとして活動していた。「マッスルアンバサダー」となったことで、「中途半端な気持ちではコバさんの後は受け継げない」と、声を張り上げるスタジオレッスンから昨年末で退いた。

 DJは初体験で、「車の中で“ゴール”と叫んでいますが、まだしっくりこない」と苦笑い。試合前には会場でサポーターたちと体を動かすイベントなども開く。「夢見たJリーガーと関われるなんて不思議。会場一体となった後押しでチームの勝利に少しでも貢献したい」と笑顔を見せた。3月4日午後1時からえがお健康スタジアムであるホーム開幕、徳島戦がデビューとなる。(樋口琢郎)

(2018年2月14日付 熊本日日新聞朝刊掲載)

あなたにおすすめ