トヨタが10年連続の1位

日本企業のブランド価値ランク

日本企業のブランド価値ランキング

 コンサルティング会社のインターブランドジャパン(東京)は14日、世界で事業を展開している日本企業の2018年のブランド価値ランキングを発表した。トヨタ自動車が09年のランク付け開始以来、10年連続で1位となった。ホンダが前年と同じ2位、日産自動車が3位、SUBARU(スバル)が9位と、トップ10のうち自動車メーカーが四つを占めた。

 日産とスバルは17年に新車の無資格検査問題に揺れたが、それぞれ前年と比べ順位を一つ上げた。いずれも将来性を考えると影響は限定的と判断した。スバルは社名を富士重工業から変更したことも評価された。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

Record China

Record China