東芝、成長へ事業再編加速

半導体売却は予定通り

©一般社団法人共同通信社

47リポーターズ

地方新聞社や共同通信の記者らによる署名入りコラム。 地方創生に絡む問題を多く取り上げ、新聞記事とは違った切り口で提供します。

今すぐ読む
記者会見する、東芝のCEOに就任する車谷暢昭氏(左)と綱川智社長=14日午後、東京都内

 東芝の代表執行役会長兼最高経営責任者(CEO)に就任する元三井住友銀行副頭取の車谷暢昭氏は14日、東京都内の東芝本社で記者会見し、既存事業の再編を進めて成長分野に注力すると表明した。企業の合併・買収(M&A)も選択肢とする。同席した綱川智社長は半導体子会社「東芝メモリ」(東京)の売却を予定通り行うとした。

 東芝は資本増強で債務超過は解消される見通しとなったが、大半の利益を稼ぎ出す東芝メモリに代わる事業は見当たらない。車谷氏は「事業ポートフォリオを見直し、成長のための投資を行う」と述べ、注力すべき事業分野の選定を急ぐ考えを示した。

あなたにおすすめ

Curated by

Record China

Record China