SNSのミクシィ社長が反省の弁

チケット会社元社長送検で

 チケット転売サイト「チケットキャンプ」運営のフンザ(東京)の元社長が京都府警に詐欺容疑で書類送検された事件で、フンザ親会社で会員制交流サイト(SNS)などを手掛けるミクシィの森田仁基社長は14日、「大いに反省している」と述べた。

 東京都で開いた決算発表会見の席上、述べた。「コンプライアンスをしっかり考え、早めに経営判断できた部分がある」と話し、対応に遅れがあったことを認めた。再発防止策も公表し、子会社と情報共有を密にすることなどを掲げた。

 フンザ元社長は大阪市の転売業者3人とともに書類送検された。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

Record China

Record China