コウノトリに油付着の情報

鹿児島県・奄美大島、通常に行動

©一般社団法人共同通信社

47リポーターズ

地方新聞社や共同通信の記者らによる署名入りコラム。 地方創生に絡む問題を多く取り上げ、新聞記事とは違った切り口で提供します。

今すぐ読む
目の周辺や羽に油のようなものが付着した鹿児島県・奄美大島にすみ着いているコウノトリ=13日(宮山修さん提供)

 鹿児島県・奄美大島などの海岸に油が漂着している問題で、環境省は14日、島内にすみ着いている国の特別天然記念物コウノトリに油のようなものが付着しているとの情報があると明らかにした。通常に行動しているという。

 同県奄美市の宮山修さんが11日、島内の龍郷町の河川にいたコウノトリの羽や目の周辺に油のようなものを確認した。奄美大島には2013年ごろから、兵庫県立コウノトリの郷公園で生まれたコウノトリがすみ着いている。

 島内では既に口に油が付着したアオウミガメの死骸が確認されており、環境省は、奄美市でも油が付いた海鳥オオミズナギドリの死骸が見つかったと明らかにした。

あなたにおすすめ

Curated by

Record China

Record China