天才レフティ前田俊介は、なぜ沖縄SVへ加入したのか?本人に直撃

©株式会社コリー

天才肌の左利きFWとして、10代の頃から世代別の日本代表でも活躍した前田俊介。

サンフレッチェ広島でプロとなった後、大分トリニータやFC東京、コンサドーレ札幌、ガイナーレ鳥取を経て、今シーズンから沖縄SVに加わった。

初めてとなるJクラブ以外への移籍に驚いた人も多いことだろう。しかも、沖縄SVは今年九州1部「Kyuリーグ」に昇格したが、J1から数えて実質的に5部リーグに当たる。

なぜ、沖縄SVを選んだのか?

沖縄キャンプ取材に合わせて、前田を直撃!短時間だったが率直に尋ねてみた。

――沖縄SVを新天地に選んだのはなぜでしょうか?

声をかけてもらって、魅力あるチームだと思って決めました。

――魅力というのは具体的に?

下から這い上がってきて、僕は途中からになりますが、一緒に戦いたいと思いました。

――昨シーズンまではJリーグでプレーしていました。地域リーグへ行くことに抵抗はなかったですか?

自分の中では特に関係ないですね。

――今年1年、自身のどの部分を向上させていきたいですか?

周りとコミュニケーションをよく取るほうではないので、今年は取りに行こうかなと。プレーに関してはまず、自分がしっかりプレーし、周りに良い影響を与えられるよう頑張りたいです。

――自分がゴールを決めに行くイメージでしょうか?

いや、誰かが点を取って、チームが勝てば良いと思います。

――ということは、目標も…。

はい。チームが勝って、JFLへ昇格することです。

チャンスメイクや得点などのセンスはまさに天才的で、組織のなかで、強烈な“個”を発揮できる前田。その感覚的なプレーや、独特のキャラクターに魅せられたファンは決して少なくないはずだ。

31歳のストライカーが、沖縄で始める新たな挑戦。

今シーズンは九州リーグで、この“黄金の左足”が見られるぞ!