東京円、106円台後半

 15日午前の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=106円台後半で取引された。

 午前10時現在は、前日比64銭円高ドル安の1ドル=106円76~77銭。ユーロは06銭円安ユーロ高の1ユーロ=132円94~95銭。

 前日発表された1月の米消費者物価指数が市場予想を上回ったことを受け米長期金利が上昇。金利上昇が米経済の成長を抑えるとの思惑から、ドルを売って円を買う動きが広がった。

 市場では「日銀の大規模緩和の早期縮小観測が根強いことも、円高傾向の背景にありそうだ」(外為ディーラー)との声が聞かれた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

Record China

Record China