「変形菌」紹介 企画展が開幕 県自然博物館

変形菌を模した帽子をかぶって写真撮影できるブース=坂東市大崎

アメーバ状やキノコ型に姿を変える生物「変形菌」にスポットを当てた企画展「変形菌-ふしぎ?かわいい!森の妖精」が17日、坂東市大崎の県自然博物館で開幕した。ミクロの世界を分かりやすく可視化した展示がめじろ押しで、変形菌の多様な姿や生態を学ぶことができる。

同館によると、変形菌はアメーボゾア(アメーバのように動く生物のグループ)に入ると考えられている。あまり知られていないが、朽ち木や落ち葉など身近な場所に存在している。

アメーバ状の細胞として生まれ合体して「変形体」を形成。やがてキノコの形のような「子実体」に変わる。小さいもので0・5〜1ミリだが、拡大して見るとかわいらしい姿が分かる。

企画展では、色や形が全く異なるさまざまな子実体の標本や拡大模型、写真のほか、変形菌が形を変えていく様子を映像などで紹介。変形菌の気分になれる写真撮影ブースもある。

企画展のチーフを務めた同館資料課の宮本卓也さんは「実は身近に変形菌がいることや、ダイナミックに形が変わる生態を知ってほしい」と話している。会期は6月10日まで。 

Follow

茨城新聞クロスアイ

on

©株式会社茨城新聞社

茨城新聞の電子書籍 第2弾

 常陸時代の佐竹氏を「後三年の役」から「国替え」まで節目ごとに取り上げ、当主の歴史的選択の背景に迫った。

お求めはこちらから

Curated by

economy

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。