負傷の清武、SNSで複雑な心境を吐露…「正直何も考える事ができません」

©株式会社コリー

18日(日)に行われたトレーニングで負傷したセレッソ大阪MF清武弘嗣。

右腓腹筋を損傷し、全治6週間の診断結果が出ているという。

そんな負傷を受け清武はSNSを更新。複雑な心境を吐露した。

去年から何をしてるんだ。怪我ばっかり。
そう思っている人はたくさんいるはずです。
でも、自分でもそう思っています。
キャンプから順調にきて、コンディションも良かったのですが。
今は正直何も考える事ができません。
また元気な姿を見せれるように頑張ります。

度重なる負傷に、本人でも「去年から何をしてるんだ」という思いがあるのだそう。

清武は昨シーズンも何度も怪我でチームを離脱しており、日本代表からの招集を棒に振ったこともあった。今季もFUJI XEROX SUPER CUP 2018でゴールを決めるなど良いスタートを切っていたのだが…。

シーズン直前の負傷にショックが大きかったようで、「今は正直何も考える事ができません」という言葉も。この苦境を乗り越え、復活した姿を見せてほしい。